ナカジツの分譲住宅に樹脂サッシが標準仕様になりました。愛知の新築一戸建て・ママの家事や子育てを考えた間取り|ママ楽ハウス

HOME新着情報ナカジツの分譲住宅に樹脂サッシが標準仕様になりました。

新着情報

サーモスL

ナカジツの分譲住宅オリジナルブランド「Asobi-デザインハウス」にLIXILの高性能ハイブリッド窓 サーモスLが標準仕様になりました。

高性能ハイブリッド窓 サーモスLの特徴(LIXIL webサイトからの引用)

▼サーモスL:高性能ハイブリッド窓

日本の窓のフレームは、大きく分けて2つあります。
一つは、国内で現在主流になっている「アルミ」、そしてもう一つは、寒冷地で広く使われている「樹脂」です。

素材の特性上、それぞれに利点と課題がありますが、ハイブリッド窓は、アルミの良さと樹脂の良さを融合、それぞれの利点を活かしながら、課題を解決することが可能です。

▼冬暖かく、夏涼しい快適な暮らし

高断熱窓をはじめ断熱化された住まいは、部屋ごとの温度差を抑えることができます。これは高齢者に起こりやすい冬期のヒートショック対策に効果的。
寒くなりがちなトイレ、廊下、浴室などとの温度差を少なくすれば、快適さと同時にカラダへのやさしさにもつながります。

▼従来品に比べ、フレームを約50%スリム化

室内からフレームがほとんど見えず、まるで窓が存在していないかのようなシンプルで美しいフォルム。
従来の窓と比較すると、その違いは一目瞭然です。
サーモスLなら、視界がすっきりと広がり、部屋に居ながら光や景色などの自然がより身近に感じられます。

LIXIL webサイト
高性能ハイブリッド窓 サーモスL

※LIXILの高性能ハイブリッド窓 サーモスLが標準仕様になっている分譲住宅は平成28年10月以降に完成した分譲住宅からが対象となります。詳しくはスタッフまでお問合せください。

 

マイホームサーチ


このページの先頭へ